勉強嫌いな子どもにやり方を教える~大阪の家庭教師ガイド
HOME >  比べて納得!家庭教師のメリット >  通信教育と比較

通信教育と比較

通信教育にする?家庭教師にする?

子どもの学習方法の1つとして、通信教育の特徴をまとめてみました。

また、家庭教師の特徴と比較していますので、お子さんに合った勉強方法を見つける参考にしてみてくださいね。それでは、まず通信教育のメリット・デメリットを見ていきましょう。

 

通信教育のメリット・デメリットは?

子どもの学習方法の1つとして、通信教育の特徴をまとめてみました。また、家庭教師の特徴と比較していますので、お子さんに合った勉強方法を見つける参考にしてみてくださいね。それでは、まず通信教育のメリット・デメリットを見ていきましょう。

通信教育のメリット

  • 時間的な制約がないので、好きな時に勉強することができる。
  • 1回の学習量も、自分のペースで調整できる。
  • インターネットによる学習塾形態のレッスンを受けることも可能。
  • 自宅学習なので、部活や習い事との両立がしやすい。

通信教育のデメリット

  • 子どもの自主性が求められるので、勉強嫌いだと学習の習慣が身に付きにくい。
  • 指導する先生がいないので、勉強のやり方などのアドバイスがもらえない。
  • 分からないところがあっても、その場で先生に質問することができない。
  • 進学や受験の最新情報が入りにくい。

通信教育まとめ

好きな時に自分のペースで勉強できるのが通信教育のメリットです。わりと勉強が得意で、学習意欲に満ちたお子さんなどには、通信教育が向いていると思いますよ。

家庭教師のメリット・デメリット

家庭教師のメリット

  • 子どもの成績やペースに合わせて指導を進めてもらえる。
  • 先生と1対1なので、分からないところはすぐに質問できる。
  • 相性や教え方など、子どもに合った先生を選ぶことができる。
  • 自宅に来てもらえるので、部活や習い事で疲れていても両立しやすい。
  • お兄さん・お姉さんができたみたいで、勉強以外の相談にものってもらえる。
  • 自宅でのレッスンなので親御さんも安心。送り迎えの必要もない。

家庭教師のデメリット

  • 先生と仲良くなり過ぎて、緊張感がなくなってしまうことがある。
  • ライバルになる同級生がその場にいないので、競争心は出にくい。
  • 名門校への進学・受験の最新情報は塾の方が入手しやすいかも。

家庭教師まとめ

勉強の仕方がわからない子や、勉強する習慣のない子どもには家庭教師がおすすめです。基礎から指導してくれる先生のいる家庭教師を選ぶようにしましょう。

勉強が苦手な子には家庭教師がおすすめ

家庭教師と通信教育は、自宅で勉強できるという共通点があります。

大勢での学習に馴染めない子や、部活などで塾に通うのが体力的キツイ子、親御さんが忙しくて送り迎えが大変な場合などには、こうした自宅でできる学習方法がおすすめです。

でも、勉強が苦手な子や、勉強の仕方が分からない子には、家庭教師の方が良いでしょう。

通信教育は子どもの自主的な勉強になるので、ある程度成績が良くて、学習意欲の強いお子さんでないと、継続するのが難しいからです。家庭教師なら、子どもの成績やペースに合わせながら分かりやすく指導して、勉強のやり方などもアドバイスしてもらえますよ。