勉強嫌いな子どもにやり方を教える~大阪の家庭教師ガイド
HOME >  比べて納得!家庭教師のメリット >  学習塾と比較

学習塾と比較

学習塾、家庭教師、どちらを選ぶべきか??

家庭教師と塾それぞれのメリット・デメリットや、どんな子に向いているのかをまとめました。

子どもの性格や希望から、学習塾と家庭教師、どちらにすればより成績が伸びるのか、勉強が楽しいと感じるようになるのかを見極めてあげてください。

 

学習塾のメリット・デメリット

学習塾のメリット

  • 集団で学習することで、競争心が生まれやすい。
  • カリキュラムがしっかりと組まれている。
  • 進学や受験の最新情報が豊富に揃っている。
  • 塾に通うことで、学習の習慣が身に付く。

学習塾のデメリット

  • 1人1人のペースに合わせては勉強ができない。
  • 相性や教え方に不満があっても、先生を選ぶことができない。
  • 分からないところがあっても質問しにくい。
  • 塾を休むと、授業内容が分からないまま先に進んでしまう。
  • 部活や習い事があると、通うのが体力的にキツイ。
  • 忙しい親御さんは送り迎えが大変。

学習塾まとめ

学習塾は勉強ができる子や、名門校への進学を希望する子などに向いていると思います。

反対に、勉強が苦手な子や、部活や習い事に力を入れている子、集団の中では質問できない子などには向かないかもしれません。

家庭教師のメリット・デメリット

家庭教師のメリット

  • 子どもの成績やペースに合わせて指導を進めてもらえる。
  • 先生と1対1なので、分からないところはすぐに質問できる。
  • 相性や教え方など、子どもに合った先生を選ぶことができる。
  • 自宅に来てもらえるので、部活や習い事で疲れていても両立しやすい。
  • お兄さん・お姉さんができたみたいで、勉強以外の相談にものってもらえる。
  • 自宅でのレッスンなので親御さんも安心。送り迎えの必要もない。

家庭教師のデメリット

  • 先生と仲良くなり過ぎて、緊張感がなくなってしまうことがある。
  • ライバルになる同級生がその場にいないので、競争心は出にくい。
  • 名門校への進学・受験の最新情報は塾の方が入手しやすいかも。

家庭教師まとめ

家庭教師は勉強が苦手な子や、集団学習にあまり付いて行けない子、大勢の中では質問出来ない子、部活や習い事と両立したい子などに向いています。

一方、勉強ができて名門校への進学を考えている子などは、受験の最新情報が豊富に揃っている学習塾が向いているかもしれませんね。

個別指導塾と家庭教師の違いは?

個別指導塾は、生徒1人1人のペースに合わせて別々の内容を勉強することができる塾です。一般的には、先生1~2人に対して生徒3~4人の少人数制をとっています。子どものペースに合わせてレッスンが進められるという点では、家庭教師と似ている部分がありますね。

ただ、個別指導は生徒1人に対して先生1人とは限りません。それに、塾側の都合で先生が変わることもしばしばあるみたいです。また、塾へ通うことになるので、部活などに力を入れている子や、忙しい親御さんには、ちょっと大変かもしれません。よろしければ参考にしてみてくださいね。