勉強嫌いな子どもにやり方を教える~大阪の家庭教師ガイド
HOME >  成績が上がる家庭教師の選び方 >  1)子どもとの相性

1)子どもとの相性

先生との相性が悪かったら子どものやる気も起きないかも

家庭教師を選ぶポイントとして、子どもと先生との相性についてお話します。
来るのが楽しみになる先生だったら、勉強嫌いの克服も近くなります。

 

子どもの気持ちを優先することが大切

子どもの成績を上げてくれる家庭教師を選ぶには、子どもとの相性が重要です。先生との相性が良いほど、子どもの勉強意欲も上がりますよ。

先生と一緒にいる時の様子を見たり、後で感想を聞いたりして、子どもに合うかどうかを確認してみてくださいね。親の希望だけで選ぶのではなく、子どもの気持ちを優先して考えることが大切です。

でも、子どもとの相性って、なかなか判断しにくい部分かもしれませんね。

親の目線からチェックするなら、親しみやすく、子どもの話をよく聞いてくれて、コミュニケーション能力の高い先生がおすすめですよ。よろしければ参考にしてみてください。

子どもの成績を考慮した先生選び

家庭教師を選ぶ際には、子どもの成績や性格に合っているかどうかも大切なポイントです。
学校の授業をどれくらい理解しているのか、勉強が好きか嫌いかなどを考慮した上で、自分の子どもに合った先生を見つけましょう。

子どもの成績や勉強への苦手意識などによって、家庭教師の先生を選ぶ基準も変わってきます。
例えば、勉強ができる子には名門校受験対策のプロ家庭教師、勉強が苦手な子には親しみやすく勉強のコツを教えてくれる大学生家庭教師が向いているでしょう。

「知名度の高い家庭教師センターだから」とか「学校の友達も利用しているから」といった理由で決めるのではなく、子どもの成績や性格を考慮しながら家庭教師を選んでくださいね。